女性

将来輝ける人材になろう|プロの仲間入りを果たす近道を伝授

大学とは異なる受験学校

マッサージ

大学受験とは違います

一般的に、高校卒業後の進路は大学もしくは学力を問わない専門学校の二つが多いかと思われます。それとは別に非常に特質を持つ受験校が看護学校です。大学受験時には必要な自己の偏差値を知るために全国統一模擬試験を受けます。その中から自分のレベルにあった受験校を選ばれるでしょう。対して看護学校の偏差値はセンター模擬試験などだけでは評価しずらい要素があります。多くの看護学校が掲載されてる情報雑誌は独自の偏差値基準があります。一般的な得意不得意を知るにはセンター模擬試験も参考になります。看護学校は5教科のうち多くて4教科(社会を除きます)もしくは国語、数学、理科または英語の3教科の受験科目で行われます。偏差値ひとつで受験校を選びにくいという現状があります。看護学校とひとくくりに言っても国立文系大学に合学する偏差値がありながらも一流と言われる看護学校は不合格ということもよくあります。

どのように選択しましょう

では何を基準に選んだらよいのかと悩まれる方もいると思います。要の3点を書きます。まずは一般的な模擬試験で自分の得意、不得意を見つけます。次に看護学校の偏差値の掲載してある情報誌から看護学校特有の偏差値を見ます。この時点で看護学校を受験する際の現状のレベルを把握できるかと思います。その上で更に偏差値の高いところを目指すか、レベルにあった看護学校の中からいくつか受験する選択肢が出てきます。そして卒業生の進路状況が分かる冊子を独自で発行している高校もあります。大体3〜4箇所は受験している先輩が多いので、その中から傾向を探るもの良いでしょう。この3点に気を付けると最終的に受験したい学校が絞ることが出来るようになると思われます。